キャンペーン情報

あなたの「歯」のむし歯・歯周病危険度をチェック!

「8020運動」ってご存知ですか?

8020運動は、『80歳になったとき、自分の歯を20本以上残そう!』という運動です。
ある調査によると、”80歳になったときに自分の歯を20本残せるか”との質問に、約75%の人が”自信がない”と回答したそうです。歯を失う原因は、むし歯だけではありません。
しっかり歯磨きをしていた人でも、日本人は、50歳を過ぎたあたりから急に歯を失い始める人が多いようです。
先ほどお話した「歯周病」がその原因のひとつ。
大切な歯を守り続けるためにも、「歯」の危険度チェックをしてください。
むし歯は発見が早いほど、早く治療できる病気ですので、定期検診をおすすめいたします。

  • お酒を飲んだ日は、そのまま寝てしまうことがある
  • 甘いものが好きで、ジュースやアメなどいつも何か口にしていることが多い
  • 歯ブラシの毛がすぐに開いてしまう
  • 歯の間に物がよくはさまる
  • 歯ぐきが腫れたり血が出ることがある
  • 歯ぐきの色がピンクではなく、赤や赤紫になっている
  • 歯がのびてきた
  • 固いものが噛めない
  • 指で歯を押したり、強くかみ締めると歯がぐらつく
  • 指で歯茎を押すとブヨブヨしている
  • 口がネバネバする
  • 歯が浮いた感じがする

当てはまる項目が多いほど、歯周病になっている危険性が高いと言えます。
歯周病は、むし歯のような強烈な痛みがないため、気づいた時にはだいぶ進行してしまっているものです。
一つか、二つでも当てはまるものがありましたら、ライフスタイルの改善にも気をつけて、歯医者さんに検診を!